MENU

海外製のサプリ

ss

 

海外製のサプリ

 

サプリの事に関して、いろいろ勉強していくと、やっぱり気になるのは、海外のサプリです。危険だという人もいるし、安全だという人もいるし、一体どうなんでしょうか。ここでは、サプリ大国アメリカのサプリと日本のサプリを比較してみました。現時点での管理人の考えを書いてみました。

 

日本製サプリとアメリカ製サプリの違い

 

なぜアメリカはサプリメント大国と言われるほど、サプリメントが大量に販売されるようになったのか。それは健康保険制度の違いが大きな要因です。

 

ご存知のように、日本では、病院へ行けば、当たり前のように保険証を提示しますが、それは国民皆保険といって、国民全員が保健に加入する制度があるからです。

 

一方アメリカでは、病気になって病院へいくとほとんどの人が高額な料金を払わなければいけないのです。そのような状況から予防医学として、様々なサプリメントが販売されるようになりました。

 

そして、日本と一番違うところは、サプリメントの位置づけが、しっかりと法律により定義されていると言う事です。

 

日本では、サプリは食品補助としての位置づけのため、効能をはっきりと示したらいけないことになっているのですが、アメリカは薬と同じように、効果・効能や飲むタイミングがはっきりと明記しなければいけないのです。

 

アメリカでは、日本よりも、サプリは薬に近いものであると言えるでしょう。

 

海外製のサプリは安全か

 

結論からいうと、管理人は、今のところ海外製のサプリはお薦めしていません。その一番の理由は、日本では安全な事が最優先されますが、海外では、効き目を重要視するところがあり、それが実際のサプリの製造に現れているからです。
日本では、サプリは食糧補助としての扱いのため、成分は大体厚労省が定めた一日の摂取量を元に決められています。でも、アメリカなどでは効果を持たせるために、遥かに高い濃度の成分を配合していることがあります。(ビタミンなどでも、日本の10倍以上の濃度の成分が含まれている事があります。)

 

このようなところから、海外製を輸入して使用を推奨するのは、管理人には、まだ勉強不足だと思っています。どうしても海外製の強力なサプリを使用したい人は、相当勉強した上で、自己責任で行ってほしいと思います。

 

 

 

目的別ランキング

 

あらゆる方面から見たランキングを掲載しました。