MENU

ダイエットサプリって薬とは違うの?どんな種類があるの?

 

ss

 

 

ダイエットサプリと薬とは違うの

薬とサプリメントは見た感じが同じなので、その違いをよく理解していない人が多いようです。基本的には、薬は病気になった時に飲むものですが、サプリメントは健康時に飲んで、栄養の補給や体調の改善を目的とするものです。

 

薬とサプリメントは全く違うものだという事を理解してくださいね。解りやすいように、違いを表にして記します。

サプリメント
 区分  薬事法で医薬品  たんなる食品
 効果や効能  表記できる  表記できない
 新製品  審査がある  審査がない
 用途  治療や診断  食事の補助
 副作用  強い可能性  弱い場合が多い
 販売  薬剤師の免許が必要  免許は必要なし
 使用法  使用法を明記する必要  使用法を明記してはいけない

 

こうして見ると、全く違うものである事が判りますよね。簡単にいえば、サプリとは普段の食事では不足しがちな栄養素を補うための食品であるという位置づけです。

 

そしてサプリというのは、食品だから製造や販売に制約は殆どなく、又、効果や効能は表記することが禁じられていると言う事です。

 

効果や効能を表記する事が出来ないというのは、たとえば「このサプリを飲むと便秘が治ります」という書き方は、法律上禁止されているという事です。ですから、商品のサイト上では、「スッキリします」などという言葉でぼかしたりしていますね(笑)

 

ダイエットサプリにはどんな種類があるの?

 

ただ、このサプリのなかにも、例外的に効能を表記する事が許されている場合があります。サプリを分類すると、下記の3つに分類されます。
 1.特定保健用食品(トクホ)
 2.栄養機能食品
 3.一般食品

 

特定保健用食品

特定保健用食品(以下トクホ)とは、厚労省が商品を審査して許可されたもので、効能が期待できるものです。
トクホでは、下記に記す10通りに限り、表記する事が許されています。
  お腹の調子を整える食品
  血圧が高めの方に適する食品
  コレステロールが高めの方に適する食品
  血糖値が気になる方に適する食品
  ミネラルの吸収を助ける食品 
  食後の血中の中性脂肪を抑える食品
  虫歯の原因になりにくい食品
  歯の健康維持に役立つ食品
  体脂肪がつきにくい食品
  骨の健康が気になる方に適する食品
ただ、トクホを取得するには、数千万円の費用と、2年から5年程度の期間を必要とするために、限られたサプリでしか取得されていません。
又、トクホを取得していない商品でも、その分の費用を製品の原料に投資している商品もあるので、必ずしもトクホを取得した商品が良いわけではありません。ただ上記の、効能に関しては第三者に認められているわけですから、信頼できると思います。


ss

トクホを取得すると、こんなマークを表示する事が出来ます。

 

 

 

栄養機能食品

これは、高齢化や食生活の乱れなどで不足しがちなビタミン・カルシウムなどの栄養成分の補給・補完のために利用する食品として、厚労省が定めたものです。12種類のビタミンと2種類のミネラルが栄養機能食品の成分として認められています。

 

栄養機能食品と名のるには、厚労省が「健康増進法」という法律で定めた栄養成分量を満たし、栄養成分の機能表示と注意喚起表示が必要になります。条件を満たせば、申請や届け出なしに、製造・販売を行う事が出来ます。

 

一般食品

上記以外のサプリはすべて、一般食品という分類になります。スーパーで普通にならんでいる食品と同じです。ただサプリは野菜や動物からある成分を抽出して、高い濃度で加工したものが多いですから、一般の食品と比べると手軽に栄養を取得できるというところが、特徴です。

 

 

目的別ダイエットサプリランキング

 

15種類の目的別ダイエットサプリランキング!

クリック↓↓

 

ダイエットサプリランキング